[最終更新日]  [公開日] 2019/10/14

衛生管理者の受験資格とは?試験難易度と合格率について

衛生管理者は、職場の労働災害や健康障害を防止し、従業員の健康を守る役割があります。この衛生管理者として業務が行えるのは、国家資格である衛生管理者免許を所有した従業員だけです。

衛生管理者資格の受験者数は年々増加傾向にあり、最近では年間で10万人ほどが受験をしています。そのうち約5割の人が資格取得できているので、合格率の高い資格ともいえます。

これほど人気なのは「衛生管理者の求人募集が安定している」ということも背景にありますし、工場や製造業以外にも情報通信業、金融業、小売業などでも幅広く活躍できる国家資格だからです。

衛生管理者の資格は

  • キャリアップで高収入が期待できる
  • 安定的な求人がある
  • 幅広い業界へ転職ができる
  • 資格の有効期限がなく更新手続き不要

と、資格取得後のメリットも多くあります。

衛生管理者免許を取得するための受験資格、試験の合格率や勉強方法についてまとめています。

衛生管理者の受験資格

衛生管理者の受験には、受験資格があります。ポイントは

  1. 最終学歴
  2. 実務経験の年数

の2つで、最終学歴によって実務経験が何年必要なのかが変わってきます。

この2点を証明するものとして、「最終学歴の卒業証明書」と「事業者証明書」を提出しなければなりません。

受験資格一覧
最終学歴 実務経験 提出書類
大学卒業卒業 1年以上 ・卒業証明書(原本)または卒業証書の写し
・事業者証明書
短期大学卒業
高等専門学校卒業
高等学校卒業 3年以上
その他 10年以上 事業者証明書

上記の表は分かりやすく一部を抜粋しただけですので、より詳しい受験資格の内容については公式サイトをご確認ください。

安全衛生技術試験協会:衛生管理者第一種及び第二種 受験資格

衛生管理者には第一種と第二種がありますが、受験資格に違いはありませんし、段階を踏む必要もありません。

受験資格の要件を満たせば、はじめての受験で一種を受けることもできます。

衛生管理者の実務経験とは?

衛生管理者の受験資格である「労働衛生の実務経験」とは、いったいどのような業務でしょうか。

主に以下のような業務内容が実務経験として該当します。

  • 健康診断の実施
  • 作業環境の衛生調査
  • 施設の衛生改善
  • 労働衛生保護具・救急用具等の点検・整備
  • 衛生教育の企画実施
  • 労働衛生の統計作成
  • 労働衛生に関わる作業主任者
  • 労働衛生に関わる試験研究
  • 保健所で試験、研究に従事
  • 建築物環境衛生管理者
  • 看護師・准看護師の業務
  • 自衛隊の衛生担当者、衛生隊員

衛生管理者の実務経験とは、衛生管理に特化した専門業務ということではありません。上記にあるような安全衛生に関わる業務と実務の兼任でも、資格要件として認められています。

衛生管理者の受験料

第一種、第二種ともに6,800円(非課税)です。

受験申請書にとじ込まれている払込用紙を用いて、銀行または郵便局で払い込みを行います。

衛生管理者の合格率と難易度

衛生管理者は年間で10万人が受験し、平均すると合格率は50%前後となっています。

合格率だけで資格の難易度は測れませんが、合格者の人数も数万人いることから難易度は高くないといえます。

気になるのは、第一種、第二種ともに合格率が年々減少傾向にあることです。

これは試験の難易度が上がっているのか、それとも受験者数が増えたことによる影響なのかはわかりません。

それでも合格率は5割前後あるので、しっかり受験対策を行えば資格取得のチャンスは大いにあります。

二種の合格率は約59%

第二種衛生管理者第の合格率は5年間で52%~69%です。平均すると59%です。

二種は健康被害への影響が高くなる「有害業務以外」で、衛生管理者として選任を受けられます。

有害業務とは、化学工場や坑内労働、極端な暑熱・寒冷な場所など、危険を伴う業務のことを指しています。

第二種衛生管理者の年代別の合格率
実施年 受験者数 合格者数 合格率
2018年 32,985 17,271 52%
2017年 31,537 17,302 54%
2016年 29,186 16,189 55%
2015年 25,716 16,983 66%
2014年 25,069 17,365 69%

二種の試験内容と合格基準

合計で60%以上の得点、さらに各科目ごとに40%以上の得点が合格基準となります。

第二種衛生管理者の試験科目
試験科目 範囲 出題数 配点
労働衛生 有害業務に係るものを除く 10問 100点
関係法令 有害業務に係るものを除く 10問 100点
労働生理 10問 100点
第二種衛生管理者の試験時間
受験者 開始から終了 試験時間
一般 13:30~16:30 3時間
科目免除者 13:30~15:45 2時間15分

一種の合格率は約49%

第一種衛生管理者第の合格率は5年間の平均で49%となります。2014年の合格率は56%ありましたが、2018年になると44%に減少しています。

一種のほうが受験者数は多く、有害業務でもどこでも衛生管理者として働けることが人気の理由にもなっています。

第一種衛生管理者の年代別の合格率
実施年 受験者数 合格者数 合格率
2018年 67,080人 29,631人 44%
2017年 65,821人 29,636人 45%
2016年 61,500人 28,003人 45%
2015年 55,129人 30,587人 55%
2014年 53,111人 29,922人 56%

一種の試験内容と合格基準

合計で60%以上の得点、さらに各科目ごとに40%以上の得点が合格基準となります。

第一種衛生管理者の試験科目
試験科目 範囲 出題数 配点
労働衛生 有害業務に係るもの 10問 80点
有害業務に係るもの以外のもの 7問 70点
関係法令 有害業務に係るもの 10問 80点
有害業務に係るもの以外のもの 7問 70点
労働生理 10問 100点
第一種衛生管理者の試験時間
受験者 開始から終了 試験時間
一般 13:30~16:30 3時間
科目免除者 13:30~15:45 2時間15分

特例第一種衛生管理者とは

第二種免許の有資格者は、次の第一種の受験には一部科目が免除されます。

第二種で受験した範囲は試験にはでてきません。

特例第一種衛生管理者の試験科目
試験科目 出題数 配点
労働衛生
(有害業務に係るものに限る。)
10問 80点
関係法令
(有害業務に係るものに限る。)
10問 80点
特例第一種衛生管理者の試験時間
開始から終了 試験時間
13:30~15:30 2時間
1 2