[最終更新日]  [公開日] 2019/10/15

フォークリフト免許の正しい履歴書の書き方!志望動機の例文集

工場や倉庫の求人には、応募資格にフォークリフト免許が必須とされているものがありますよね。

フォークリフトの資格を持っているけど、「履歴書にどのように書けばいいのか悩む」という声をよく耳にします。

ちなみに正しい書き方がわかりますか?フォークリフト免許の正式名称がわかれば簡単です。

また、履歴書で重要なのはフォークリフトの資格を正確に書くことだけではありません。

企業の採用担当者は、職歴の次に志望動機を重視しているのは知っていましたか?つまり希望する企業に採用されるには、志望動機が重要ということになります。

この2つの疑問は、いずれもフォークリフト求人に応募する前にチェックしておきたい項目です。

ということで、フォークリフト免許の正しい書き方と、採用されやすい志望動機の作り方を例文とともに解説します。

フォークリフト免許は履歴書でこう書く

履歴書の資格・免許欄に、原付免許を「原動機付自転車免許」、車の免許を「普通自動車第一種運転免許」と記載するように、フォークリフトの資格も「フォークリフト免許」とは書きません。

それではどのように書くのか?ですが、その前にフォークリフトの資格を整理しましょう。

資格は2種類あり最大荷重によって区分けされています。

  1. 1トン以上:フォークリフト運転技能講習
  2. 1トン未満:フォークリフトの特別教育

それぞれどのように書けばいいのかを解説していきます。

フォークリフト免許の詳しい説明、取得方法については別記事にまとめています。
フォークリフト免許の費用と技能講習とは?学科と実技の試験内容

運転技能講習の資格欄の書き方

フォークリフトの資格といえば一般的に運転技能講習のことを指しています。1トン以上の荷物も扱えるフォークリフトが運転できます。

フォークリフト免許と呼ばれることが多いですが、正式名称は「フォークリフト運転技能講習」で、履歴書の免許・資格欄に以下のように書きます。

令和◯年◯月 フォークリフト運転技能講習 修了

「修了」という漢字を「終了」としないように注意しましょう。

履歴書で書く場合は画像のようになります。

フォークリフト運転技能講習 修了

特別教育の資格欄の書き方

1トン未満の荷物を扱える小型フォークリフトの特別教育の正式名称は「フォークリフトの運転の業務に係る特別教育」です。

1トン未満の荷物を扱える小型フォークリフトの特別教育を受けている人は、履歴書の資格欄に以下のように書きます。

令和◯年◯月 フォークリフトの運転の業務に係る特別教育 修了

履歴書で書く場合は画像のようになります。

フォークリフトの運転の業務に係る特別教育 修了

実際の仕事では、1トン以上のフォークリフトの運転が大半になります。そのため小型フォークリフトの需要は残念ながら多くありません。

また時給や給料面でも差があり「特別教育修了」よりも「運転技能講習修了」が高待遇になっています。

フォークリフトの資格を活かすなら、求人数の多い運転技能講習の資格取得がおすすめです。仕事の幅も広がりますし、給料面でも好待遇になります。

next

【志望動機の例文集】
すぐに使えるフォークリフト専門の志望動機例文集!アルバイト、正社員、未経験など状況で使い分け……

記事の執筆者

株式会社クリオ はたら工場マガジン編集部
工場経験者も在籍しているはたら工場マガジン編集部が製造業の気になる情報を発信しています。体験者へのインタビューや工場の仕事の裏側もお見せします。