[公開日]

2020年6月26日 トヨタの元町工場(愛知)で期間工が募集再開されました。期間工速報で日々の募集再開情報を更新しています。

短期(3ヶ月~)おすすめの期間工4つ!選ぶポイント&注意点

期間工は仕事がキツくて大変なため、人によっては長期勤務が難しい場合も。長く続ける自信がない、初心者だから様子を見ながら働きたい、そんな方におすすめなのが、短期間で働けるメーカーです。

このページでは、最短3ヶ月から働けて、尚且つ短期間でも稼げるメーカーをご紹介します。

短期におすすめのメーカーを今すぐチェック

契約期間サイクルの短いメーカーを選ぼう

期間工の契約期間はメーカーによって変わりますが、多くは3ヶ月か、6ヶ月になります。3~6ヶ月の契約が満了すると、継続の意思確認が行われ、辞める人、契約更新する人に分かれます。

赴任1ヵ月、2ヵ月など、契約期間中で辞める事も可能ですが、契約満了時に支払われる満了金がもらえなくなったり、他の期間工に応募した際に印象が悪くなったりとマイナス面が多くなります。

期間工をやめるタイミングは契約満了時が理想なので、短期間だけ働きたい場合は、契約期間のサイクルが3ヶ月と短いメーカーを選ぶことが大切なポイントとなります。

メーカーごとの契約期間

契約期間で一番多いのが3ヶ月、6ヶ月です。変則で初回と二回目以降で期間が異なるメーカーもあります。また、力仕事が多い車体メーカーが3ヶ月と短いスパンにしている傾向にあります。

契約期間6ヶ月のメーカー

  • 日産(追浜、いわきなど)
  • マツダ
  • デンソー
  • アイシンAW
  • ジヤトコ

契約期間3ヶ月のメーカー

  • 日産(横浜、栃木など)
  • ホンダ
  • いすゞ
  • スズキ
  • 日野

初回のみ期間が異なるメーカー

  • トヨタ (3ヶ月で初回の更新、さらに3ヶ月後に2回目の更新、以降6ヶ月)
  • スバル (4ヶ月で初回の更新、以降3ヶ月)

3ヶ月時点での報酬が高いメーカー

契約更新が3ヶ月毎のメーカーはすべて短期におすすめと言えます。ただ、同じ短期でもより多く稼げた方がいいですよね。

そのためにチェックしたいのは、日給と各種手当です。日給の高さはもちろん、や3ヶ月でもらえる満了金と入社祝い金の金額がかなり影響してきます。

以下は、3ヶ月分の日給や各種手当をざっくりと計算したものです。実際の額とは異なりますので、参考程度にご確認ください。

また、各種手当は支給条件があるので必ずもらえるわけではありません。手当の種類や金額も変更になる場合があります。特に入社祝い金は時期によってゼロになる場合もあるので、最新情報をしっかりチェックしましょう。

3ヵ月分の日給+主要手当

メーカーおおよその金額日給月20日×3ヶ月満了金(3ヶ月)入社祝い金その他手当
日産横浜約76万円9,600円576000円90000円なし皆勤手当約8万円、赴任手当2万円
日産栃木約76万円9,600円576000円90000円なし皆勤手当約8万円、赴任手当2万円
ホンダ約82万円10300円618000円90000円10万円生活立ち上げ金2万円
いすゞ約96万円10000円600000円210000円なし早期赴任手当15万円
スズキ約84万円9600円576000円168000円10万円
日野約88万円10000円600000円108000円8万円早期赴任手当10万円
トヨタ約114万円10000円600000円122000円40万円赴任手当2万円
スバル約113万円9000円540000円80000円40万円皆勤手当約9万円、赴任手当2万円

スバルは初回のみ4ヶ月ですが、上記では3ヶ月で計算しています。

実際は残業代、深夜手当なども含まれてくるので、上記で計算した額が高いから稼げる、低いから稼げない、というわけではありません。

また、期間工を選ぶ際は報酬面だけではなく、働きやすさや寮環境なども検討材料に入りますよね。

次項で、短期で働けて、報酬が高く、さらに職場環境や寮環境など、プラスαのメリットがあるメーカーをピックアップしてご紹介します。

短期でおすすめのメーカーはここ!

メーカーここがポイント
いすゞ満了金が高い。寮はアパートで快適
ホンダ残業少なめで働きたい方におすすめ
スバル入社祝い金が高い。寮も上々。4ヶ月でもOKならおすすめ
トヨタ入社祝い金が高い。残業少なめ。2回更新以降は6ヶ月ごとなので注意

報酬面他、総合的に見て上記4メーカーがおすすめです。それぞれの待遇面のメリットデメリットを詳しく見てみましょう。

いすゞ

いすゞ期間工の求人

日給10,000円~
満了金(3ヶ月)21万円
入社祝い金なし
早期赴任手当15万円
  • 日給、手当の額が高い
  • 寮はレオパレスが多い
  • 藤沢工場は好立地

短期で稼げる

日給が1万円と高めで、さらに3ヶ月時点での満了金が21万円と高額。入社祝い金がないものの、早期赴任手当で15万円が支給されるので、3ヶ月だけでもかなり稼げます。

寮が快適

いすゞは藤沢と栃木の二ヵ所で期間工を募集していますが、面接の際に勤務先の希望を伝えることができます。

藤沢工場の場合、寮はレオパレスなどのアパートなので快適。横浜にも近く、プライベート時間も充実します。栃木工場は集合寮かアパートになります。

ホンダ

ホンダ期間工の求人

日給10,300円~
満了金(3ヶ月)9万円
入社祝い金10万円
生活立ち上げ金2万円
  • 残業が少ない
  • 40代でも採用されやすい
  • あまり稼げない
  • 寮の当たりハズレが大きい

ワークライフバランスを実現

ホンダは残業が少ないのが特長です。生産状況にもよりますが、月10時間程。残業が多い期間工で働けるか不安、仕事とプライベートのメリハリを付けたい、など、働きやすさを重視したい方におすすめです。

日給は10,300円スタートとかなり高いですが、残業代で稼ぐことができないので給料は他のメーカーよりも低めとなります。

40代も多い

車体メーカーは力仕事もあるため20代、30代が多めです。40代以上になると採用が厳しくなることも多い中、ホンダでは幅広い年齢層が期間工として働いています。上記の残業が少ない点も含めて、40代以上にとって働きやすい環境と言えますね。

寮はあたりハズレあり

ホンダは埼玉と鈴鹿に工場がありますが、埼玉工場の寮は、工場から近い/遠い、部屋がキレイ/古い、など当たりハズレが激しめ。鈴鹿工場の寮は、トイレとお風呂が室内完備の快適な寮が多いです。

スバル

スバル期間工の求人

日給9,000円~
満了金(3ヶ月)8万円
入社祝い金40万円
皆勤手当3万円/月
赴任手当2万円
  • 入社祝い金が高い
  • 満了金+皆勤手当で稼げる
  • 寮のあたりハズレが少ない
  • 日給は低め
  • 初回4ヶ月

手当で稼ぐ

スバルは日給が9,000円スタートと低いですが、満了金、皆勤手当などで大きなプラスになります。また、残業がそこそこ多いので残業代で稼ぐこともできます。

また、入社祝い金も40万円と業界トップクラス。ただ、時期によって入社祝い金がない場合があり、収入面に大きく響くことになります。

寮の当たりハズレが少ない

寮は家賃、光熱費が無料で、期間工の寮としては一般的な個室タイプの寮になります。特出した良い部分があるわけではありませんが、部屋が汚すぎる、工場が遠すぎる、と言ったハズレが少ないので、住み心地はどこも平均以上。変な寮に当たる可能性がないのもメリットの一つと言えます。

初回は4ヶ月なので注意

スバルの契約期間は初回のみ4ヶ月、以降は3ヶ月毎の更新となります。他のおすすめメーカーよりも1ヵ月長い点に注意しましょう。

トヨタ

トヨタ期間工の求人

日給10,000円~
満了金(3ヶ月)約12万円
入社祝い金40万円
赴任手当2万円
  • 入社祝い金が高い
  • 残業少なめ
  • 寮は相部屋アリ

短期だともったいない?

トヨタは全期間工の中でもトップクラスで稼げるメーカーです。日給、満了金の高さがその理由なのですが、満了金は長期になるほど割増になるシステムで、特に6ヶ月以降から飛躍的に高くなります。

3ヶ月の時点では約12万円ですが、さらに3ヶ月働いて6ヶ月になると約39万円と3倍以上に。トヨタ側が長期勤務者を優遇している意図が伺えますね。トヨタは短期でも稼げますが、3ヶ月だけで辞めてしまうのは少々もったいない働き方と言えます。

寮は相部屋になる可能性

トヨタの寮は個室寮が多いものの、中には相部屋もあります。相部屋となったら寮生活が窮屈になりそうですが、鍵付きの個室はあるので、同居人とずっと同じ空間にいるわけではありません。工場や寮は会社が選ぶのでどの寮になるかは運次第。短期と割り切って乗り切りましょう。

短期で辞めることのデメリット・注意点は?

期間工は短期間と言う働き方も可能ですが、デメリットもいくつかあります。デメリットも理解した上で働く期間を検討しましょう。

短期前提だと採用されにくい?

期間工の辞め方として避けたいのは、契約期間途中で辞めてしまう事です。なので、契約期間3ヶ月を満了しての退職は何ら問題もありません。

ただ、すぐに辞められてしまうと、新たな人員補充のために採用コストや人材育成コストなどがかかってしまうので、一人にできるだけ長く勤めてほしいのがメーカー側の本音と言えるでしょう。

なので、面接時に「初心者なので3ヶ月だけ働きたいです」「3ヶ月契約だからここに決めました」などの発言は避けた方が無難です。

短期を繰り返すと損する場合も

期間工の日給や各種手当は長期勤務になるほど昇給、割高になる場合がほとんどです。

いすゞの場合、満了金は3ヶ月時点、6ヶ月時点共に同額ですが、トヨタの満了金は3ヶ月時点と6ヶ月時点を比べると、3倍も高くなっています。

入社祝い金狙いで短期を繰り返す方もいますが、赴任の手間がかかりますし、仕事に慣れるまでにも時間がかかります。長期勤務になると昇給の他、メーカーによっては契約更新手当があったり、正社員になるチャンスが生まれる場合も。

期間工として働くのは1回だけ、と決めている方は短期でも問題ありませんが、今後どうするかわからない方は、短期を転々とするよりも、一つのメーカーで長く働いた方がメリットが多めです。

上司に引き止められることもある

期間工は慢性的に人手不足のことが多く、退職の意向を告げた際に上司に引き止められる可能性もあります。

しかし、たとえ契約途中の退社であっても会社側は引き止める強制力はありません(満了金がもらえないなどのマイナス面はありますが)。契約期間をしっかり満了しているなら尚更です。

引き止められた場合、会社とのやりとりが面倒に感じるかもしれませんが、最短期間での退職とは言え契約上なんら問題のないことなので、毅然とした態度で応じることです。面倒だからとバックレるのだけは絶対にやめましょう。

再雇用、他のメーカーでの採用に不利になるかも

きちんと契約期間を満了して辞めたとしても、3ヶ月と言う短い期間での退職は、メーカー側の印象があまり良くないのが現実。

円満退社したメーカーは、期間を空けて再雇用も可能ですが、3ヶ月で辞めた場合は難しくなるかもしれません。

また、他のメーカーに期間工として応募する際も、期間工3ヶ月の職歴はマイナスになる場合があります。期間工として何回か働く可能性がある場合は、最低でも6ヶ月は働いた方が良いでしょう。

記事の執筆者

株式会社クリオ はたら工場マガジン編集部
工場経験者も在籍しているはたら工場マガジン編集部が製造業の気になる情報を発信しています。体験者へのインタビューや工場の仕事の裏側もお見せします。