[公開日]

2020年9月1日【速報】多くのメーカーで期間工の募集再開がはじまりました。

最新の期間工募集状況はこちら
速報データで入社祝い金をランキングにしました。

期間工の仕事内容(自動車製造・その他)簡単で誰でもできるって本当?

期間工は高収入が魅力の働き方ですが、その仕事内容も気になりますよね。いくら稼げても仕事が合わなかったら目標金額に達する前に退職なんてことも。

働き始めたら思ったより大変だった、自分に合っていなかった、とならないよう、事前にどんな作業をするのかしっかりチェックしましょう。

期間工の仕事は簡単・・・でもキツイ!その理由は?

期間工の仕事は基本的に単純作業が中心です。誰でもできる内容のため難しいことはないですが、数を多くこなす必要があり、さらに残業が多いため体力的にに精神的にもきつい場合が多いです。

自動車メーカーのボディを作る部署の場合は、重いパーツを取り扱うため、力仕事が主になります。

また、二交替制の場合は、昼勤と夜勤を繰り返すため、生活リズムが安定しないと言う大変さもあります。

仕事内容や勤務形態は、業種やメーカー、配属部署によって異なり、また、その人の適性によってもきついと感じるレベルは異なりますが、仕事が合わず、数か月~数日でリタイアしてしまう人も少なくありません。

仕事内容(自動車メーカーの場合)

ここでは、自動車メーカーの仕事内容について説明します。

自動車メーカーは期間工の求人で一番多い求人です。トヨタ、日産、ホンダ、スバルなど、国内主要メーカーのほとんどで期間工を募集しており、待遇も良いので一番人気の業種となります。

自動車メーカーの期間工は、自動車製造全般に関わる仕事をしますが、工程によって部署がいくつかに分かれています。

プレス機械プレス機で自動車のパーツを作ります。
ボデー溶接機械と手作業機械と手作業により、パーツをつなぎ合わせて自動車の骨格を作ります。
塗装機械塗装ロボットでボデーに塗料を塗ります。
エンジン部品の製造手作業エンジン回りのパーツを加工、組立ます。
組立・組付け手作業各工程で作ったパーツを組立てて車を完成させます。
最終検査手作業出来上がった車の最終チェックを行います。

上記はトヨタ自動車の部署と工程になりますが、他の自動車メーカーも大体似たような内容です。

この中で一番配属されることが多いのが「組立・組付け」です。この工程は、車の大きなパーツを扱うため力仕事となります。さらにライン作業となるため(メーカーによってライン作業じゃない場合もあり)、次々と作業をこなす必要があり、時間に追われる大変さも発生します。

ネット上で「仕事がキツイ」と言う口コミが多いのは、この体力的に大変な組立・組付けに配属される人が多いためです。

力仕事以外の仕事もある

他の部署では、座り仕事だったり、軽い部品を扱う作業もあり、自動車製造すべてが力仕事なわけではありません。

特に女性は、組立に配属されることは少なく、軽作業となる部品製造や、細やかさが求められる検査などに配属されることが多いです。

ただ、力仕事ではなくても、単純作業、時間に追われる、細かい仕事、残業が多い、などの理由で、大変であることに変わりはありません。

自動車部品メーカーは軽作業中心

自動車メーカーには、上記で説明したような自動車本体を作る車体メーカーの他に、エンジンやカーナビ、カーエアコンなどを作る部品メーカーがあります。

例えばトヨタは車体メーカーですが、トヨタ紡織はトヨタ自動車のシートやドア周りの部品製造メーカーになります。トヨタは他にもグループ会社にアイシンAWや、デンソーなどの部品メーカーがあり、それぞれ別で期間工を募集しています。

部品メーカーは、取り扱う部品が小さめだったり軽量なものが多く、軽作業中心となるので、力仕事に自信がない方でも働きやすい仕事内容になっています。

部品メーカーの仕事内容
トヨタ紡織車シート、ドアトリム、車用フィルターなどの製造
アイシンAWAT(オートマチックトランスミッション)、カーナビなどの製造
デンソーパワートレイン、スパークプラグ、ワイパー、カーナビ、ライトなどの製造
ジャトコAT(オートマチックトランスミッション)などの製造
シーヴイテックCVT(自動車用無段変速)の金属ベルトの製造

仕事内容(自動車メーカー以外の場合)

期間工の募集業種は自動車メーカーが最多となりますが、自動車以外の業種でも募集があります。

ブリヂストン、キヤノンなどの有名メーカーから、あまり知られていないメーカーなど、調べてみると様々な業種があることがわかります。

業種によって大変さが変わる

業種によって仕事内容は異なりますが、単純作業で残業や夜勤が多いのは自動車メーカーと変わりません。ただ、業種による独特の大変さがある場合もあります。

ブリヂストンはライン作業なし

ブリヂストンはご存知の通りタイヤメーカーなので、タイヤ製造が主な仕事です。自家用車から大型トラックのタイヤを製造するので、工程によっては力仕事も発生しますが、機械化が進んでいるため、体力的負担はそこまでではありません。また、時間にタイトなライン作業がない点も、働きやすいと言えます。

ただ、タイヤを扱うので独特なゴム臭があり、その点が慣れない場合も。

ブリヂストン期間工の詳細情報はこちら

キヤノンは精細な作業

キヤノンの工場では、半導体露光装置や液晶露光装置などの製造がメイン。小難しそうな装置ですが、期間工は決められた作業をするだけなので仕事は簡単です。精密部品を取り扱うので、筋力よりは細やかさが必要な作業となります。

キヤノン期間工の詳細情報はこちら

大阪チタニウムテクノロジーズは有資格者優遇

大阪チタニウムテクノロジーズはチタン製造が主な仕事です。部署は様々ありますが、玉掛けクレーン、アーク溶接、フォークリフトの資格を活かせる仕事が多め。資格がない方も働ける部署もあり、初心者OKとしていますが、資格取得者が優遇されている職場と言えるでしょう。やや専門的な仕事内容のためか、時給は1,830円~と期間工の中でもかなり高いです。

大阪チタニウムテクノロジーズ期間工の詳細情報はこちら

自動車以外の業種は、力仕事よりは軽作業になることが多いです。ただその分、入社祝い金や満了金が少ない、あるいは無い場合があるなど、自動車メーカーより稼げない場合も。

また、寮が無かったり、あっても有料だったりと、待遇面に違いがある場合があります。

様々な業種から期間工を探す場合は、仕事内容と待遇面のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

記事の執筆者

株式会社クリオ はたら工場マガジン編集部
工場経験者も在籍しているはたら工場マガジン編集部が製造業の気になる情報を発信しています。体験者へのインタビューや工場の仕事の裏側もお見せします。