[公開日]

2020年9月1日【速報】多くのメーカーで期間工の募集再開がはじまりました。

最新の期間工募集状況はこちら
速報データで入社祝い金をランキングにしました。

寮付き求人・住み込みの仕事はどんなのがある?

寮付き求人で多い職種は、工場、ドライバー、リゾートバイトなど。高収入が多く、無料~格安の寮に住めるため貯金がしやすかったり、短期間でサクッと稼げたりと多くのメリットがあります。

このページでは、寮付きの求人の特長をはじめ、どんな種類の寮があるのか、寮暮らしのメリットデメリット、おすすめの高収入の寮付き求人などをご紹介しています。

寮完備の仕事はどんなのがある?

まずは、寮付きの仕事はどんなものがあるのかを簡単な特徴と共にご紹介します。

求人数多めで仕事が見つかりやすい

工場・製造

食品、精密機器、自動車製造など業種は様々。求人数が多く、初心者でも覚えやすい仕事から資格や経験を活かせる仕事まで幅広くあるので、すぐに仕事を見つけたい人や、工場未経験、女性、ミドル層にもおすすめできます。従業員が多い工場は、女性のみが住める女子寮が用意されていることもあります。

経験、学歴不問で高収入を目指せる

期間工

期間限定の工場でのお仕事で、普通の工場求人と違う点は、期間が定められていること(3ヶ月~2年11ヶ月)、月30万円以上の給料に加えて高額な手当がもらえること、残業や夜勤が多く、仕事がハードなこと、トヨタや日産など大手自動車メーカーでの求人が多いことがあげられます。仕事がハードな分、どの寮付き求人よりも高収入が望めます。

なぜ高報酬?期間工の特長&目的別の選び方

運転好き、長期安定した仕事ができる

タクシードライバー

時間の融通が利き、自分のペースで仕事ができるのがメリットです。運転スキルや地理に強いことが求められますが、それさえあれば高齢でも活躍できます。ただ、給料は歩合制が多いため、人によって収入はマチマチとなります。

トラック運転手

依頼された荷物をトラックで目的地まで運ぶ仕事です。運ぶ距離は近距離から長距離まで様々、荷物も軽量品から大きなものまで多種多様です。長距離を走る大型トラック運転手の場合、多くの時間を運転に費やすので一人の時間が多め。人間関係の煩わしさがなく、マイペースで仕事ができます。使用するトラックによって大型免許、中型免許が必要で、長時間運転する集中力、忍耐力も必要となりますが、安定した高収入が期待できます。

楽しく仕事ができる

リゾートバイト

夏季、冬季のみのリゾート地でのお仕事です。リゾートホテルでの勤務や、マリンスポーツやスキーのインストラクターなどの募集があります。趣味を活かせて出会いも多いので若者を中心に人気があります。観光シーズンのみの仕事なので、ほとんどが数ヶ月のみの短期の仕事です。専門スキルを必要としない場合は時給は安めとなります。

お金よりもやりがいを求める人に

農業・酪農

農作物の栽培、収穫、出荷のお手伝いが多いですが、牛乳を生産する酪農、養豚場、養鶏場などもあります。期間は数か月のみの単発から長期まであり、体を使う仕事なので体力は必須です。時給は1000円を下回ることも多く、稼ぐためと言うより、将来農業をやってみたい、自然の中で仕事をしたい、と言った目的で働く方が多いです。

経験不問、高時給の接客業

パチンコスタッフ

パチンコ、スロットなどの娯楽施設でのお仕事で、ドル箱を運んだり玉詰まりを直したりするホールスタッフ、景品交換を行うカウンタースタッフ、コーヒーや軽食を運ぶワゴンスタッフがあります。仕事は難しくなく、時給は高めですが、たばこの煙や騒音、怖いお客さんもいる…など職場環境はあまりよくありません。


様々な職種で寮付き求人はありますが、特に多いのは上記でご紹介した職種です。

一時的な雇用のため寮を用意している場合もありますが、中には長期働ける仕事もありますね。目的に合わせて選んでみましょう。

住環境にこだわりたい方は、どんな寮に住むかをしっかりチェックしましょう。

どんな寮に住む?ワンルームから相部屋まで種類は様々!

一口に寮と言ってもその種類は様々。個室もあればルームシェアタイプもあり、寮費も無料だったり負担があったり、求人によって差があります。

以下に、求人ページでよく見かける寮の表記について解説します。表記はこの限りではないので参考程度にご確認ください。

アパート、マンション

寮と銘打っていますが、一般のアパート、マンションを会社が買い上げるなどして寮として使っています。普通のアパート、マンションの一人暮らしと変わらない生活ができるので、寮としてはかなりの好待遇。ただ、住環境が良い分、家賃がかかる場合も多いです。

個室寮・ワンルーム寮

個室寮は4.5畳~6畳ほどの広さの部屋に一人で住むタイプの寮です。一般のアパート、マンションと違い、お風呂やトイレは寮の共用スペースにあり、寮生と共有で使うと言った造りが多いです。ワンルーム寮、1R寮、独身寮と表記されている場合もあり、寮で一番多いのがこのタイプとなります。

家族寮

家族寮は、その名の通り家族単位で住める寮のことで、個室寮と違い部屋が複数あるのが特長です。家族寮のある求人は少なめで、あっても満室なことも考えられるため、事前にしっかり確認する必要があります。

カップル寮

カップル、夫婦2人で住める寮です。間取りは二部屋以上あることもあれば、一部屋の場合も。普通の個室寮を「カップル、夫婦OK」としていることもあります。

シェアハウス

各自の部屋があり、キッチン、トイレ、お風呂はルームメイトと共有します。住居の一部を共用で使うスタイルは個室寮と似ていますが、プライバシーは個室寮の方が保たれています。人数は小規模単位で、各部屋を区切る壁が薄いのでルームメイトとの距離が近いです。

相部屋

相部屋は一つの部屋を2人以上で使うスタイルです。プライベート空間がなく、知らない人と一緒に住むストレスもあるので昨今では少なくなりつつあります。また、上記のルームシェアタイプを「相部屋」と表記することもあります。

寮付き求人でチェックしたいポイント

寮付き求人の場合、寮関連の待遇は忘れずにチェックしたいところですね。以下に、チェックポイントをまとめましたので参考にしてみてください。

寮のタイプ

ルームシェアや相部屋は避けたい、夫婦で住める寮が良い、などの希望がある場合は、希望に沿った寮を用意している求人を探しましょう。表記上、寮なのかアパートなのかわかりにくい場合もあるので、こだわりたい方は面接時に質問すると良いでしょう。

寮費、光熱費はかかるか

家賃、水道光熱費は無料から有料まで求人によって様々。有料でも数千円で住むものから数万円かかるもの、最初の3ヶ月のみ無料、光熱費のみかかる場合もあります。給料が良くても家賃が高めだと本末転倒となるのでしっかりチェックしましょう。

生活備品が用意されているか

ほとんどの場合、すぐに生活できるように寮にテレビやエアコンなどの生活備品が用意されています。ただ、内容は様々なので、テーブルがない、カーテンがない、と言うことも。足りない分は、引っ越し時に持ち込むか、現地で買い足すことになります。

引っ越し費用はかかるか

遠方からだと引っ越し費用もバカになりません。会社によって寮までの交通費や引っ越し代を赴任旅費、赴任手当として負担してくれるところもあります。負担額は一部から全額まで様々。初期費用を押さえたい方は引っ越し費用の負担が手厚い求人がおすすめです。

寮生活のメリットデメリット

寮生活はメリットもあればデメリットもあります。特にデメリットは、仕事が続かない原因にもなりますので事前にしっかり確認しておくことが必要です。

生活費が抑えられる

一番のメリットは家賃がかなり抑えられる事。求人の中にはそれなりの家賃がかかるところもありますが、ほとんどの場合相場より安めで、好待遇だと家賃も光熱費も含めて無料となる場合もあります。

また、寮に食堂があることもあります。安く提供されるので食費を抑えることができ、栄養面でも安心です。

通勤しやすい

多くの場合、寮は職場の近くにあります。工場の場合は遠いこともありますが、たいていは巡回バスがあったり、車通勤OKだったりと、普通の仕事よりも通勤にかかる時間は少な目になっています。

仲間ができやすい

知らない土地に一人で来た場合でも、仕事の苦楽を共にする仲間が一緒に住んでいるのであまり孤独を感じません。男女混合寮の場合は彼氏、彼女ができることもあるでしょう。

トイレやお風呂が共用の場合が多い

寮のタイプで一番多いのが、トイレとお風呂を共同で使うタイプの個室寮です。トイレやお風呂に行くのにいちいち部屋を出なければならない煩わしさがありますし、時間帯によっては混雑していることもあるでしょう。寮生の中には綺麗に使わない人もいるかもしれないので、潔癖症には厳しい環境と言えます。

プライバシーはやや少ない

相部屋でない限り、個別の部屋はあるのである程度のプライバシーは保たれますが、それでも普通のマンション・アパートでの暮らしに比べて人と顔を合わせる機会は多めです。

人間関係は運次第

同じ寮に住む人の中には、気の合わない人や苦手なタイプの人がいる場合もあります。同じ寮に住む方との関わり方は人それぞれなので、全く関わらないと言うスタンスでも良いですが、ルームシェアや相部屋タイプの寮だと、ルームメイトとの関りは必須となります。気の合わない人と一緒になってしまったら寮生活はかなり厳しいものになります。

短期高収入を目指すなら「期間工」

寮付きの工場求人の中でも、短期間だけで働く期間工(期間従業員)は、かなりの高収入が見込めます。

トヨタ、日産、ホンダなど大手自動車メーカーを中心に募集があり、その多くは月収30万円以上、家具付き、食堂付きの寮に無料で住める、など好待遇なことが多いです。

以下に期間工の特長をまとめました。

  • 大手メーカーで働ける
  • かなりの高収入
  • 初心者でもできる簡単な仕事
  • 寮は無料が多い
  • 福利厚生充実
  • 期間工→正社員の道もある
  • 3ヶ月~6ヶ月の短期間もOK
  • 仕事はキツイ!
  • 残業、夜勤あり
  • 契約期間は最長2年11ヶ月まで

仕事がハードな分稼げる

期間工は簡単に言うと、「仕事はかなり大変、でもその分高報酬・好待遇」なのが特長です。

自動車車体メーカーでは、自動車のボディ部分を製造しており、プレス、溶接、組立、検査、など工程ごとに部署が分かれます。仕事は誰でもすぐに覚えられる簡単な作業が多いですが、部署によっては力仕事となることもあります。また、残業が多く、2交替勤務で夜勤もあるので、体力的にかなりハードです。

その分、給料は初月から30万円以上も可能で、3~6ヶ月の契約更新ごとに満了金(ボーナスのようなもの)が給料とは別に数万円~多くて40万円以上支給されます。メーカーによっては入社祝い金が10万円~40万円支給されることもあるなど、報酬面が充実しています。

部品製造なら女性やミドル層も

車体製造は力仕事となるので若い男性向きですが、カーナビなどの部品製造は軽作業なので、女性や40代、50代での活躍も多いです。他にも、残業が少ない、日勤や準夜勤のみ、と言う期間工もあります。報酬面では車体メーカーより下がりますが、それでも普通の仕事より断然高収入です。

寮は無料が多い

多くのメーカーで寮費、光熱費が無料で、引っ越しにかかる費用も一部~全額負担など、新生活にかかる費用がかなり抑えられます。格安の食堂が寮にも工場にもあることも多い上、食事手当が付くことも。高収入な上、お金をためやすい環境となっています。

将来性はないが社員への道もあり

期間限定の仕事なので将来性はありませんが、短期間でかなり貯金できるので、次の仕事に向けての生活資金づくり、開業資金づくりにも適しています。

また、社員登用を積極的に行っているメーカーも多く、大手メーカーへの就職を視野に入れた働き方もできます。


期間工の特長、メリット・デメリットはこちらに詳細をまとめていますので、気になる方はチェックしてみてください。

なぜ高報酬?期間工の特長&目的別の選び方

記事の執筆者

株式会社クリオ はたら工場マガジン編集部
工場経験者も在籍しているはたら工場マガジン編集部が製造業の気になる情報を発信しています。体験者へのインタビューや工場の仕事の裏側もお見せします。