[公開日]

2020年9月1日【速報】多くのメーカーで期間工の募集再開がはじまりました。

最新の期間工募集状況はこちら
速報データで入社祝い金をランキングにしました。

期間工から正社員になる条件&筆記試験、面接内容

期間工は期間限定の長く働けない仕事なので、安定した職業とは言えません。しかし、期間工を募集しているメーカーで「社員登用制度」を実施している場合は、期間工から正社員への道が拓けます。

期間工は稼ぐことを目的として働く人が多いですが、将来を見据えて一流企業への就職を目指す働き方もできます。

期間工から正社員になりやすいメーカーをチェックしたい方はこちら

期間工から正社員になるための条件

期間工から正社員になるためにはいくつかの条件があります。条件はメーカーによって異なりますが、多くは以下の条件が必要になります。

  • 期間工として半年~1年以上働いている
  • 年齢は20代~30代前半
  • 上司から社員登用への推薦を受ける
  • 正社員登用試験に合格する

年齢に関しては、多くのメーカーで20代までとしていますが、メーカーにとって有望な人材を社員として雇用したいわけですから、年齢より実力を重視しています。40代以上になると厳しくなりますが、30代前半ならチャンスはあります。

また、正社員登用は自分から申し込むのではなく、上司が社員になってほしい人を正社員登用に推薦する形が多いです。その後、正社員登用試験を受け、合格したら晴れて正社員となれます。

正社員登用の推薦を受けるためには?

上司は期間工の管理する側として、仕事の取り組み方、周囲とのかかわり方などを日々見ています。その中で、正社員にふさわしい有能な人材を見極めているのです。

上司から「ぜひ正社員に」と思われるには、普段から以下の点を意識する必要があります。

  1. 欠勤、早退、遅刻をなるべくしない
  2. 真面目に仕事に取り組む
  3. 仕事への提案を積極的にする
  4. コミュニケーションを円滑にする

などを気を付けると上司からの印象は良くなります。

自己都合の欠勤、早退、遅刻をしない

これらは社会人として基本的なことです。いくら仕事ができても、欠勤や遅刻が多いと信頼を得られません。

病気やケガなどによるものは仕方がないことですが、あまり多いと「自己管理ができていない」と評価されてしまいます。無遅刻無欠勤が理想で、無断欠勤はもっての外です。

仕事に真摯に取り組み、環境向上のための提案も行う

正社員になるためには半年から1年以上勤務しているのが条件なので、かなり仕事には慣れてきている頃だと思います。

与えられた仕事をきちんとこなすことも大切ですが、尚且つ、仕事の効率化のための工夫や提案を行うと、向上心があると評価を得ることができます。

トヨタでは、職場の問題点や改善案を書いて提出できる「創意くふう提案」と言うものがあります。これをしっかり書くことでも良いアピールにつながります。

仕事仲間、上司とのコミュニケーションを円滑にする

社員になるためには、仕事ぶりだけではなく人間性も重要になってきます。組織で働く人として、周りとの円滑なコミュニケーションは不可欠です。仕事中はもちろん、仕事以外の場面でも社内行事に参加するなど、積極的にコミュニケーションを取りましょう。

上司とコミュニケーションが取りやすくなると、「正社員になりたい」と言う話もしやすくなります。上司に正社員への熱意を伝える良いチャンスが生まれますね。

また、QCサークル(作業効率の改善など、職場環境の向上を図るサークル)に積極的に参加することも、コミュニケーションの面でも、仕事への取り組み方の面でも良いアピールになります。

正社員登用試験は何をする?

上司からの推薦を受けると、いよいよ正社員登用試験となります。試験は、筆記試験と面接があります。

筆記試験の内容

  • 試験はマークシート方式が多い
  • 出題されるのはSPI

筆記試験の対策としては、SPI問題集を買って勉強すること以外にありません。国語と数学の2つのみのことが多く、中学生レベルの問題なので、それほど難しくはありませんが、学校の勉強は自信がないと言う方は、しっかり勉強しておきましょう。

面接で聞かれること

面接は、試験官、期間工ともに複数で行う集団面接が多いです。面接時でよく聞かれることは、

『なぜ正社員になりたいのか』

『正社員になったら何をやりたいか』

『今やっている仕事とそのやりがい』

『業務での工夫をしているか』

『仕事で一番大切にしている事』

などです。

向上心を持って仕事に取り組んでいれば自ずと答えは出てくると思いますが、本番は緊張してしまうものなので、事前にある程度シミュレーションしておきましょう。

また、質問に対して適切な答えを言うことも大切ですが、話し方、態度なども重要なポイントです。ハキハキと大きな声で、相手の目を見て話すようにしましょう。

最初のステップは「正社員になりやすいメーカー」を選ぶこと

期間工から正社員への道を具体的に説明しました。正社員への道は簡単なものではありませんが、意識して仕事に取り組めば決して狭き門ではありません。

そして、第一のステップとしてまず重要のは、正社員への道が拓かれた勤務先メーカーを選ぶことになります。

  • 正社員登用制度を設けている
  • 登用実績(人数、登用率)が多い

求人ページに正社員登用制度を明記しているのが理想です。尚且つ、登用実績が多いメーカーなら「正社員になりやすい」と言えるでしょう。

おすすめは、トヨタスバルアイシンAWデンソーなどです。

具体的なおすすめメーカーは以下にまとめていますので参考にしてみてください。

期間工から正社員になりやすいおすすめメーカー6選

記事の執筆者

株式会社クリオ はたら工場マガジン編集部
工場経験者も在籍しているはたら工場マガジン編集部が製造業の気になる情報を発信しています。体験者へのインタビューや工場の仕事の裏側もお見せします。